平成28年2月定例県議会4、農林総合研究センターについて

20160308-dsc_2059.jpg 20160308-dsc_2066.jpg


平成28年2月定例県議会4、農林総合研究センターについて

<< 質問 石井敏雄 >>

まず、農林総合研究センターについて、お伺いをします。

先日の代表質問、横堀議員から農林総合研究センターへの質問がありました。
関連で、私から2問お尋ねします。
千葉県において重要な農産物である梨には、黒星病というやっかいな病気があります。
黒星病は梨の生育期全般にわたってみられる病気で、果実に感染するとかさぶた状の病班ができたり、割れたりして、商品価値が無くなる病気です。

対策としては、病原菌がついた葉や 剪定枝を処分する方法もありますが、やはり農薬に頼らざるを得ないというのが現実です。

そこで、八千代の梨農家さんから、農林総研は、梨黒星病の効果的な防除を可能にした「梨病害・防除ナビゲーション」というものを開発した事。
また、活用中の農家さんからも、このシステムのさらなる改良の期待もある事を伺いました。
そこでお尋ねします。

農林総合研究センターについて (1)農林総合研究センターが開発した 梨病害・防除ナビゲーションとは、どのようなものか。その改良はどう進めているのか。

<< 答弁 農林水産部長 小倉 明 >>

1 農林総合研究センターが開発した梨病害防除ナビゲーションは、梨の商品価値をなくす黒星病に対して、農薬散布のタイミングを容易に判断できるようにしたものです。

2 生産者からは、このシステムの利用により、防除回数の減少や梨の品質の向上などの評価をいただいている一方、生産者自らが梨園内の気象観測を行い、そのデータを入力しなければならないことから、システムの改良が望まれていました。

3 このため、農林総合研究センターでは、より多くの生産者に利用していただくため、煩雑な日々の観測データの入力作業をなくすとともに、インターネット上のアメダスデータを取得できるシステムに改良し、今年度末から配付する予定です。


<< 質問 石井敏雄 >>

さて、 銚子気象台。
1968年に統計を取り始めて以来、12月の館山市の平均気温が最高を記録しました。

近年にない暖かさから野菜の生育が進みすぎ、高値が期待できる年末年始において、大根や小松菜などを中心に価格が大きく低迷しました。

また1月27日果樹の試験研究成果発表会では、「温暖化の影響か? 梨で、発芽不良が発生!」
昨年4月に、鎌ヶ谷・船橋・白井市の3~5割の梨園で発芽不良があった。
しかし、生産量の減少に繋がる大きな被害には至らなかったとの情報でした。

読売新聞1月11日でも、「温暖化見越してバニラ栽培、みかんの代替えで」との見出しで、地球温暖化による気温上昇に対応するため、政府は昨年11月に適応計画をまとめたと書いていました。
そこでお尋ねします。
  
農林総合研究センターについて (2)地球温暖化に対応した試験研究には、どのように取り組んでいるのか。

<< 答弁 農林水産部長 小倉 明 >>

1 地球温暖化に伴い、農産物の生理障害の発生や栽培適地の変化、新たな病害虫の発生など、本県農業への影響が懸念されています。

2 このため、農林総合研究センターでは、高温でも生理障害の出ない水稲品種の育成、パッションフルーツなど亜熱帯性果樹の栽培実証、近年本県でも発生が確認された、南方系のカメムシやカミキリムシなどの生態解明とその防除対策、などに取り組んでいるところです。

3 今後も、環境変化に即した品種育成や新規作物の導入、生産性低下につながる新たな病害虫や雑草の侵入等の課題に対し、いち早く対処するなど、地球温暖化に対応した研究にしっかりと取り組んでまいります。


20160308-dsc_2086.jpg 20160308-dsc_2101.jpg


<< 石井敏雄から 農林総合研究センターについての要望 >>

さて、成果発表会で、暖地園芸研究所に伺った時のことを気臆しています。
経験豊かなビワ生産者の皆さんが、数多くの質問を「あつく」語るのです。
この姿に、私は輝きと感動を覚えました。

早速所長さんに尋ねると、「日頃から講習会や生産組織の会合など、様々な機会をとらえて意思の疎通を図っています。研究所との良い関係があるからこそ、熱心な議論につながっているのでしょう。」とのお答えでした。

これが 「慕われる」 農業試験場の本来の姿であると私は思いました。

しかし、出先の研究所では施設や設備も老朽化しており、生産現場からの大きな期待に応えられるのかと心配になりました。

そこで、なお一層のハード・ソフト面の充実を要望するとともに、農業応援団を創造する校外学習の受入れや出前講座など、幅広く取り組んでいただきたい。
農林総研は、今後も千葉県農業の推進役として、生産者から信頼される、慕われる試験研究機関であり続けてほしいと願い、要望とします。


コメント

コメントはありません!

コメントを書く

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。