討議資料

討議資料1(大きな画像で見る)

討議資料2(大きな画像で見る)

20150623-seisaku.jpg

ご挨拶

日頃より公私にわたり温かいご支援、ご交誼を賜り心から厚く御礼申し上げます。

平成27年4月12日の千葉県議会議員選挙にて、皆様の暖かいご支援をいただきまして、再選をさせていただきました。公職選挙法の規定により皆様にお礼を申し上げることはできませんが、今後の議員活動を精いっぱい行い、皆様とのお約束を果たすことに邁進いたします。

私は長年、豊かな自然と農業の振興、子供たちの健全育成、温かい充実した福祉、活力ある文化都市の街づくりに向けて、皆様のご支援をいただきながら精いっぱい努力してまいりました。

しかしながら、八千代市においても、日本が抱える多くの悩みや課題が顕在化しております。医療、年金、介護、子育て、経済、雇用など市民の生活の安心・安全が今日ほど脅かされていることはありません。

私は、八千代市民の声を県政に反映させ、全力を尽くしてこれらの課題の解決のために努力する決意です。

私は、「思いやりのある県政」を実現するために、「熱意」「誠実」「実行」を信条として、「市民が安心して暮らせる地域づくり」「一人ひとりが幸せに暮らせるまちづくり」を目指し、皆様と手を携えて努力していく覚悟でございます。

よろしくご支援、ご指導のほどお願い申し上げます。

石井としおの取組・・生命を育む環境・相互扶助 共生社会へ向けて活動


ひとづくりーー「教育」「雇用」「福祉」

健康寿命の延伸ーー「三大疾患対策」

防災強化ーー「備災減災の取組み」

食料生産の確保ーー「就農・地産地消の促進」

地域経済の成長ーー「商工業の成長戦略」

インフラ整備ーー「安全性の確保」

議会・行政改革ーー「無駄・矛盾の解消へ」

石井としおの歩み

(幼児期)

59年前、八千代市睦(むつみ)地区の桑納(かんのう)の農家に生まれる。3歳の時に弟を伝染病で失い、数年後母も胃がんで早世した。
それ以来、祖父母の手によって育てられ、人生の基礎がかたちづくられた。広い田畑が広がる睦地区、近所のおじさんおばさんから「としお」「としおちゃん」と頭をなでられ温かい愛情に包まれた農村の中で育った。

(少年期)

何にでも「一生懸命」になる性格を見込まれ、小中学校では生徒会の役員になり、印旛高校では生徒会長として活躍した。今でも大勢の前に出るとなぜか心が弾む。生まれながらにして外向的な性格なのかも知れません。

(青年期)

子供会役員、青少年相談員、PTA会長、4Hクラブ、社会福祉活動、民生児童委員など多方面で世話役活動を引き受けた。他方、船橋吹奏楽団に加わり、パーカッション(打楽器)を担当した。また劇団”ふるさときゃらばん”の八千代招致の責任者も務めた。仕事にも文化活動にも「全力投球」がモットーです。

(現在)

八千代市議会議員を4期務め、「思いやりのある県政」の実現を目指して、2011年4月の県議選で当選させていただきました。私の背中を押したのは、やはり草の根運動の中で”やさしく目をかけてくれた地域への恩返し”である。民主党の政策と合わせて自分の体験を跳躍台に4つのことを実行しようと考えています。
いずれもふるさと「睦(むつみ)発」ではあるが、やがて千葉県、日本の舞台に広がり、社会の活性化に連なると確信しています。

地域再生に賭ける恩返し人生



 幼い時の自分の体験を踏まえて、地域で元気な子供を育てる。



 子供達が「かぐや姫の森」と呼んでいる孟宗竹の林をモデルに、子供とお年寄りによる地域コミュニティーづくり。



 「農業ボランティア」を活用する新しい農業のあり方を探る。



 「合唱団もりのうた」の体験をもとに、芸術文化を育てる。

石井としお、8つの政策目標

継続は力なり!



1.経済・雇用

・東京五輪を見据えた地域経済の活性化
・商店街活性化と買い物弱者対策の強化
・東葉高速線の定期代の割引率改善や運賃値下げの実現

2.医療・介護・福祉

・がん予防強化と医療提供体制の整備促進
・高齢者のくらし支援と介護サービス拡充
・障がいを持つ方の自立や社会参加を推進支援
・定期巡回・随時対応型訪問介護看護の積極的取組み
・健康づくり・健康寿命延伸・寝たきり症候群予防推進

3.防災・減災

・大規模災害に備え災害相互支援体制確立
・防災・風水害対策の意識啓発の強化
・災害住宅再建、支援制度の創設
・避難所耐震化、トイレ改修などバリアフリー化

4.子育て・教育サービス

・子育て・保育の充実とワークライフバランス実現
・いじめ・暴力対策でスクールカウンセラー等拡充
・生涯学習・文化・スポーツ(パークゴルフ等)推進

5.環境施策

・中小企業へ環境対策融資制度の支援
・希少野鳥が巣み続ける里山を保全、教育活用
・有害野獣や要注意外来生物(ナガエツルイゲイトウ等)被害対策強化

6.農業施策

・担い手の確保育成に県農業大学校の充実
・新規就農や定年帰農者への支援充実
・若手女性農業者グループ支援ネットワーク推進
・6次産業化や園芸作物産地と水田フル活用土地改良支援
・家畜伝染病(口蹄疫等)の予防対策強化
・農業ボランティア(労働力・他産業ノウハウ)導入を支援

7.人権対策

・独居等、高齢社会を見据えた生活支援充実
・男女共同参画条例制定と振興推進

8.行財政改革

・民間企業ノウハウの活用で仕事改革推進
・NPO等の新しい公共推進
・税負担の公平公正、未済額縮減の取組み強化

熱意・誠意・実行


私は皆さんとのふれあいと対話を大切にし、誰もが「心豊かに生きていける充実した福祉・文化のまちづくり」
に向けて力の限り働きます。

プロフィール

 昭和26年9月 八千代市生まれ


 印旛高等学校生徒会長


 青少年相談員副会長


 市PTA連絡協議会長


 姉妹都市青少年交流教室(広島)団長


 JA青年部部員


 船橋吹奏楽団副理事長


 ”ふるさときゃらばん”実行応援団長


 子育て支援対策検討委員長


 応援団・合唱団もりのうた団長


 民生主任児童委員


 市子連YLC副指導部長


 市子連指導委員会副指導部長


 ゆりの木会賛助会員


 生花古流松応会 石井理敏


 農業委員・市議会議員



現職


 統計協議会副会長


 印旛沼土地改良区監査


 国際交流友の会会員


 睦地区区長連合会相談役


 社福、睦支会相談役


 JA資産管理部会員


 NPO「ガキ大将の森の会」監事


 千葉県議会議員(八千代市選出)

平成23年6月定例県議会 民主党代表質問

平成23年6月定例県議会での民主党代表質問事項

1、東日本大震災復旧・復興対策について
(1)津波対策について
(2)液状化対策について
(3)福島第一原発事故に伴う放射能汚染問題について
(4)風評被害について
(5)東京電力への損害賠償請求について
(6)地域防災計画について
(7)放射能汚染対策のための具体的取り組みについて
(8)緊急事態・非常時の対応について
(9)福島第一原発事故避難者への支援策について
(10)雇用対策について
(11)復旧・復興財源対策について
2、県有施設老朽化対策について
3、公社等外郭団体改革について
4、県議会議員選挙再選挙(浦安市選挙区)について